FC2ブログ

今日の応援 91 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  今日の応援 91

結論

 その言葉の意味を考えて欲しい。
           (矢口真里



 先月から話題のベッキーとゲスの極み乙女の騒動について
 似たことで騒がれた矢口真里の発言。

 「人には好き嫌いがあって、
  私のことが嫌いな人って沢山いると思います。
  それは、しょうがないこと」

 「死ねとか消えろとかゆう言葉は違いますよね。
  言われて嬉しい人はいないはずです。
  その強い言葉を発言することは
  どうゆうことなのかを考えてほしいなって思うところはあります」

 これは僕達が受ける「ニートたたき」にもいえるなーと思いました。

 そういうの書いてある場所は
 毒にしかならないから
 僕はもう見ないので
 最近はどうなのかはわからないのですが、

 でもかつての僕が地雷屋さんのブログに
 辿りつくまでに見てきたように、

 みなさんがこのブログに辿りつく過程で
 いっぱい精神削られるような書き込みを
 見てきたのではないでしょうか。


 まぁ書く人がどうであろうと
 放っておけばいいので
 どうでもいいのですが、

 逆にこうやって辛い事を理解してくれる人が
 世の中にちゃんといるんだよってことを
 伝えられたらなって思いました。


 ネットの中はネガティブなことが目立つけれど
 リアルでは逆にそんなこと平気でいう人
 そうはいませんからね。

 いたときは逆にその人が
 まわりから引かれてるいる筈なので
 まわりはみんなあなたの味方です。


 応援クリックして頂けると喜びます!僕もいつもみんなを応援してます!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント

こんにちは。
ゲス乙女の話題については去年私も「のめのんさんゲス乙女とか聴きます?」なんて話してただけにまさかの出来事でしたね(^_^;)
歌はけっこう好きだったんで歌まで叩かれると私も少し複雑な気分になります。
まあいわゆるアレですよ
この問題って不倫やLINEの流出がどうこうっていうより記者会見が嘘だったことやベッキーの内面が世間にバレちゃって、そのあとの世間やスポンサーに対する謝罪や釈明が一切成されなかったことが不味かったんだと思います。
松ちゃんやツッチー、上沼さんも言ってたけど
全面的に認め、正直に謝れば評価も変わってたはずで
①一般視聴者あってのテレビに出る身でありながらゲスと不倫交際を続け、一般人の奥さん並びにその親族を欺き深く傷つけてしまいました。
②公式での嘘がいけないことと知りながらもLINEにあるようにほとぼりが冷めるまで友達で押し通してればスポンサーやファンに迷惑はかからないと思いました。
と、プライドを捨てて社会人として謝罪していれば清純キャラとしては完全に終わってもマイナス印象のまま仕事を全て失うという事態は避けれたと。
映画20世紀少年では悪いことをしちゃったらきちんとそれを認め謝れることが、ある意味、悪いことをしないことよりも大切なこと(難しいけど立派なこと)なのだと終盤で主人公の決着として描いております。
あんがいそこらを理解してる人は世間にも一定数いて、大人になるほど白旗あげてる人を死ぬまで攻めるということは稀だったりします。
謝ることは――恐い。私も時に自らを大罪人と呼ぶのはその中に人に決して明かせないこれまで数々の後ろめたき所業があるからで、完全にその責めを負い果たすことは不可能だと悟りました。
でも、それでも命あるかぎり生きていかなくてはならない。未来、リアルに光が差す糸口を探しながら
多分この歩みがやりがいや楽しさを見出だすというモチベなんでしょうね。
仏教的に纏めると
人は愚かさや未熟さを克服できない、けれど
自ら愚かで未熟で不完全な生き物だと自覚して生きていれば、他人を見下したり差別したり無目的に本気で人を傷つけることは減る
どのみち皆ひとしく土に還るのなら自分も他人も許し許されて過ごしやすい方がいい。
といった感じですね。許されることによる感謝の気持ちが繋がるとより望ましいのかなと思います。

2016-02-19 14:15 | from ocean | Edit

歌は注目されて結果的にいい方向になってますよね。
チャゲアスのときもそうですけど
歌はそれ単体で独立して
「いいもの」はいいものであり続けるんですよ。

2016-02-20 02:22 | from のめのん | Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。